BLOG

ブログ

エレベーターでのご案内方法

   

ギャラクシーファームウェアのブログへようこそ!

    

以前、来客対応をブログで紹介いたしましたが、
そこで紹介しきれなかった、エレベーターでのご案内方法を紹介いたします。

皆様はエレベーターでのご案内にもルールがあるのをご存知でしょうか?
意識せずに乗り降りしているエレベーターですが、
お客様を案内する際、『マナーが出来てるな』と感じていただけるよう
エレベーターで来客を迎えるときのビジネスマナーを身につけておきましょう!

    

    

エレベーターでのご案内方法

    

   

エレベーターは案内する人が先に乗りこみます。
開くボタンを押しながらお客様をエレベーター内へ誘導し、目的階までご案内します。

【お客様が大切】という気持ちから、お客様にエレベーターに先に乗っていただき、
自分が後から乗ると思われていることが多いのですが実はマナーは逆なのです。
誘導する際は、エレベーター内が安全であるかどうか確認したり、
案内者であるのだから、誘導するために先に乗るという意味もあります。
また、「お先に失礼します」と一言加えてから乗り込むと
お客様も先に乗って案内してくれるんだなと伝わりスムーズに誘導ができます。

    

      

エレベーターにも上座や下座がある

    

エレベーターにも乗り降りする順番や上座下座があるので注意が必要です。

   

     

エレベーターの席次は、
左上が上座、エレベーター操作ボタンがある場所が下座です

   

    

目的階に着いたら

   

エレベーターを降りるときは、乗るときと逆で先に来客を降ろすのがマナーです。
お客様へ「お先にどうぞ」と一声かけて先に降りてもらってから、自分も降りるようにしましょう。

    

     

普段からエレベーターの席次など意識される方は少ないと思いますが、
マナーを意識して実践していることにより『さすが!』と自分だけではなく、
細やかな研修が行き届いている会社と、会社の評価へも繋がっていきます。

とはいえ、あくまでもマナーであり、実際の現場の判断がとても重要となります。
その場その場での臨機応変な対応でスマートにお客様を案内出来るようになりましょう!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。